日本で買えない!バンダバーグ・ブリュード・ドリンクス

  • ジャカルタでコーヒー以外の美味しい飲み物を見つけたい
  • インドネシア土産〇〇選でピンと来るものがない

ジャカルタで買えて、日本で買えないちょっと美味しいドリンクを友人から教えてもらいました。

最後に紹介する、こんなおいしそうな食べ方も…!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Bundaberg Drinks (@bundabergdrinks) on

 

オーストラリア産ドリンクのBundaberg Brewed Drinks

ジャカルタで買えるオーストラリア産ドリンク

製造元

先日友人に教えてもらったのが、Bundaberg Brewed Drinks(バンダバーグ・ブリュード・ドリンクス、通称BDB)というオーストラリアブランドのドリンク。

BDBはオーストラリアのクイーンズランド州に本社を置く、オーストラリアの生姜ドリンク「ジンジャービア」というドリンクで有名なブランドの1つ。ちなみにビアの記載がありますが、ビールではありません。

ラベルのカンガルーのマークがトレードマーク。ジンジャービアの瓶は茶色ですが、私が買った3種類は全て透明の瓶です。

こだわり

BDBのドリンクは世界約30か国で販売されており、各国にベンダーを置いていますが、会社自体はオーストラリアの田舎町の家族が経営。

家族だけが知っているレシピと理念によって長年愛される品質の高いドリンクを製造し続けています。

醸造へのこだわり

市場によくある大量生産されるドリンクは、材料を約1時間でボトルに入れてしまうらしいですが、バンダバーグ・ブリュード・ドリンクスは3~7日間かけています。時間をかけることで、素材の本来の味やビタミンをを最高に引き出せるんだそう。

瓶のこだわり

ペットボトルではなく、ガラス瓶で販売することにこだわりが。瓶に入れることで、飲み物の味や風味をなくすことなく維持できるそうです。瓶は消費者目線でも高級感がありますもんね、瓶ビールとか。

必ず逆さまにしてから飲む

瓶の底には果実が沈殿しているので、蓋を開ける前に逆さまにして飲みます。こうすることで、フルーツ、ハーブ、スパイスの味が拡散され、より香りと味を楽しめるように作られています。

注意
炭酸は振らないようにしてゆっくり逆さまに。

さらに商品へのこだわりを知りたい方は、公式ホームページの製品への製品へのこだわりを覗いてみてください!(英語です)

ジャカルタのスーパーで買える味は?

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Bundaberg Drinks (@bundabergdrinks) on


バンダバーグ・ブリュード・ドリンクスの味は全14種類

バンダバーグ・ブリュード・ドリンクス全14種類制覇するにはオーストラリアに行くしかなさそう…。また、インドネシア近隣では、シンガポールにBDB取扱店舗がたくさんあります。

居住国の取扱い店舗を検索できますよ。(なぜかインドネシアは機能せず)

さとみ

くっ…流石シンガポール。オーストラリアへの旅行の際は頭の片隅に。

ジャカルタで見かけた味は6種類。

グランドラッキーの棚のドリンク

 

SARSAPARILLA

これがバンダバーグ・ブリュード・ドリンクスのジンジャービアのオリジナルかと思われます。のサルサパリラという植物の根を使用している。サルサパリラとは…

サルサパリラ (Sarsaparilla) とはサルトリイバラ科シオデ属(サルトリイバラ属)の植物である。熱帯アメリカ原産のSmilax regelii、またはその近縁種を指す。中国名は土茯苓(どぶくりょう)とされるが、こちらは別種Smilax glabraである。 wikipediaより引用

なんのこっちゃかよく分からないのですが、効能は

強壮、駆風、発汗作用、利尿、解毒、血液浄化、抗炎症、肝臓保護、鎮咳消炎など。wikipediaより引用

漢方や生薬に使われるそうです。

Bundaberg Brewed Drinksで使用しているサルサパリラは東オーストラリアに生息している種を使用。そこに会社秘蔵の割合でバニラビーンズ、砂糖を加えることで、BDBだけの豊かな風味を出しているそうです。

ジャムウ好きなら一度飲んでみては?

GINGER BEER

ジンジャービアのカロリー控えめタイプ(多分)。クイーンズランドで採れた最高級の生姜とサトウキビで原料や品質に一切の妥協が無いとか。味は他社のジンジャービアに比べてショウガ風味が強いそう。

TRADITIONAL LEMONADE

オーストラリアで有名な「Eureka」というレモンを使用したレモネード。醸造に3日間かけて風味を引き出しているそうで、公式HPには「喉の渇きに究極の癒しをもたらします!」との記載が。

BURGUNDEE CREAMING SODA

こちらは葡萄とブルーベリーの間のような味のクリームソーダ。ちゃんと「クリームソーダ」です。ちょっとメロンクリームソーダを思い出させるような。Cafeではブドウのクリームソーダはなかなか見ないしおススメ!キンキンに冷やして氷を入れて飲むのがベスト。

風呂上がりに飲むと最高!

ぽこちゃん

PASSIONFRUIT SPARKLING DRINK

パッションフルーツ味のスパークリング。瓶を開けた瞬間の、常夏のパッションフルーツの香りにやられます。こちらも炭酸ドリンク。個人的にはもう少し炭酸が効いてもいいかなと思ったけど、そうするとパッションフルーツの風味が崩れるのかも。

SPICED GINGER BEERは公式ホームページに記載が無いため詳細が確認できませんでした。パッケージはクリスマスをイメージしてるっぽい…?

残念ながら私たち夫婦はお酒が飲めず、ジンジャービアを「ジンジャービール」だと信じ切っていた私は、一番試してみるべきジンジャービアを買い損ねました…

また購入したらレビューしたいと思います!

アレンジ無限大!BDBをおすすめする理由

なんだかんだ言いつつも、世の中には味良し、品質良し、コスパ良しとされるドリンクが溢れていますが、Bundaberg Brewed Drinksをぜひ飲んでみてほしい理由があります。それは

  • ドリンクを2倍楽しむための「Mixology」アレンジレシピが掲載されていること
  • 90万人のフォロワーを持つお菓子職人もアレンジ方法を提案していること

公式ホームページのアレンジ

公式ページでは「Mixology」として、各フレーバーをより一層楽しむためのアレンジレシピが掲載されています。

各味をプルダウンから選び、カクテルかモクテルを選択するだけ。

バンダバーグ・ブリュード・ドリンクスの公式ホームページ

アレンジはなんと120種類以上!お酒好きは家にあるお酒で割って夜のお楽しみに、暑い夏のお子様のおやつにもいいですね。

さとみ

自分が一番おいしいと思う味を見つけるまで、時間とお金がかかりそう…!

 

ポップアイスが美味しそう!

これは公式のinstagramが「やってみてね!」とシェアしている、オーストラリアで90万人のフォロワーを持つお菓子職人のBDBを使ったアイス。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Sonali Ghosh (@sugaretal) on

さとみ

天才か…!

カットしたフルーツとBDBをアイスキャンディーメーカーに注いで固めるだけ!炭酸は使えなさそうなので、ジャカルタではジンジャービアやレモネードで試せそうなレシピですね。

  • パッションフルーツ
  • パイナップル
  • キウイ

はぜひ試すべし!

日本で買えないお土産として1本!

2020年3月現在、残念ながら、日本でBDBのドリンクは楽天、Amazon含めて見かけません。インドネシアのお土産とは言えないのですが、日本で手に入らないという意味では、珍しくて喜ばれるお土産になりそうです!

さとみ

一時帰国のお土産ネタも尽きた、という方も新ネタとして!

販売店

購入場所は日本へのおススメ土産がいっぱいのグランドラッキーSCBD店。

現在在庫山積みです。ドリンクの棚にも陳列されています。

グランドラッキーのバンダバーグ・ブリュード・ドリンクス

インドネシアの通販サイトTokopediaでも販売されていますが、お値段はグランドラッキーの方がちょっと安め。

価格

全フレーバー1本 (375ml)Rp.22,500で、日本円換算約170円。手に取りやすい価格です!

但し瓶の重量があるため、お土産としてのまとめ買いは難しいかも…?

さとみ

1本で2杯分あるのでママと子供、ご夫婦で一緒に楽しめます!

まとめ

バンダバーグ・ブリュード・ドリンクスは

  • オーストラリアの小さな町から生まれたこだわりだらけのジュース
  • ジャカルタで買える日本未発売商品
  • フルーツや洋酒をプラスで楽しみ方無限大!

さとみ

在住者もジャカルタ出張者の方もぜひお試しあれ♪