ジャカルタでハンドメイド!駐在妻御用達の手芸用品屋Toko maju(トコマジュ)

ジャカルタの手芸用品屋「toko maju」

さとみ

駐在妻歴4ヶ月のさとみです!この記事では、ジャカルタの手芸屋「Toko maju(トコマジュ)」で手に入るもの・それらがどこにあるかを紹介します。

下記の記事で、ハンドメイド好きの女性にぜひ行ってみてほしいスポットでToko majuを紹介しました。

ジャカルタの女性が楽しめるハンドメイドアクセサリー 【ジャカルタ半日観光】ハンドメイド好き女性におすすめ!アクセサリー作り体験3選
  • toko majuには何があるの?
  • 目的のものがどこにあるか分からない…
  • OVOやGopayは使えるの?

そんな疑問を解決する記事となっています。

ちょっと見に行くだけでも楽しい。けれど目的のものを探すのは至難の業です!そこで、Toko majuに週2で通っている私が探しているものを探すコツをお教えします!

はっきりと買いたいものが決まっている場合は目次からお探しのものをクリックすれば場所が分かるようになっています!素材別の場所一覧はまとめにジャンプしてくださいね!

ジャカルタで手芸用品買うならToko maju(トコマジュ)!

ジャカルタで手芸用品が手に入るお店で有名なのがToko maju。リボン、ビーズ、アクセサリーパーツ、タッセルなど、Toko majuに行けば揃わないものはほぼありません。ポーチを作るのに最適なファスナー、洋服のオーダーに使えそうなゴムもあります。

お店は2階建て。鰻の寝床のような作りのお店の中に手芸用品が山ほど積まれています。

アクセス

ジャカルタ市内で有名なBlokMから車で5~10分のPasar Mayestik(パサールマエスティック)の敷地内にあります。

車でPasar Mayestikのメインロビーに降りると見える建物の入り口がこちら。

パサールマエスティックのメインロビーの入り口

この建物をずっと真っすぐ突き進んで、建物を出たところにToko majuがあります。

ジャカルタの手芸屋トコマジュ

注意
室内には扇風機がありますが暑いです。長時間の滞在なら水分とポータブル扇風機を持っていくのがおススメです!

支払い方法

それぞれのゾーンで商品を選んで店員さんに渡すと値付けをしてくれます。全ての買い物が終わったら、近くの店員さんに

さとみ

Sudah(済みました)または、Bayar(お会計します)!

と声を掛けましょう。合計金額を電卓で提示してくれるので、入り口近くで支払い済ませます。

支払方法は現金またはデビットカードです。2019年12月現在ではOVOやGopayは対応していません。

ちょっとしたコツ
100,500IDRのように端数が出る時はディスカウントしてくれる場合があります。電卓をたたいて交渉してみましょう。但し過度なディスカウントはやめましょう!

Toko maju(トコマジュ)にある手芸用品

ここからはトコマジュ内にどこに何があるかをご紹介します!

ボタン

Toko majuの入り口を入ると最初に目につくのは、壁際の天井から足元まで陳列された何千種類にもなりそうなボタンです。2つ穴、4つ穴、くるみボタン、シャンクボタン…。

ジャカルタの手芸屋トコマジュ

トコマジュのボタンがたくさん並んでいる様子

さとみ

入り口から見て左側の壁には2つ穴や4つ穴ボタン、右側の壁には穴が見えないくるみボタンやシャンクボタンがあるよ

縫い糸

入り口から見て左の壁側を奥に進んでください。ボタンゾーンの奥に、縫い糸が陳列されています。、見本の箱から店員に取ってもらうか、自分で取っても大丈夫。 これだけ色があれば欲しい色が見つかるはず!逆に迷ってしまいます。

トコマジュに陳列された糸

 

タッセル・ファー・ポンポン

ボタンゾーンを通過し、さらに奥に進みます。ここには通し穴が開いているビーズ、タッセル、ポンポンが天井や壁にぶら下がっています。

トコマジュ内のタッセル

暑い国ではなかなか使う機会が無さそうですが、ファーやポンポンもあります。

Toko majuのポンポン

刺繍糸・毛糸

入り口からずっと、奥へ進みましょう。ほぼ最奥にあります。ボタン、ビーズ、タッセル、紐のエリアを抜けると、先に刺繍糸が目に入ります。確か値札が無かったので、価格が気になる人は店員さんを呼ぶべし。

トコマジュの刺繍糸の様子 トコマジュの刺繍糸

毛糸は棚にあります。写真では分かりづらいのですが…ナチュラル系から原色までの色はもちろん感触も様々な毛糸がずらり!原料や撚り方が違うんでしょうね。「ピンと来るものが無かった」と思ったあなた、おそらく棚を1つ見逃しています。毛糸のある棚は1つだけさらに奥に進んだ場所にもあるので、お見逃しの無いように!

トコマジュに陳列された毛糸

フェルト

フェルトは入り口から一番奥の方まで突き進んだエリアの、毛糸や刺繍糸の近くの棚にあります。欲しいサイズを店員に伝えてその場で切ってもらえます。店員が居ないことが多いので、手前で店員さんを捕まえてから向かう方がいいかもしれません。

トコマジュにあるフェルトの棚の様子 トコマジュにあるフェルトの棚の様子

レースモチーフ

入り口からずーっと奥に進み、刺繍糸や毛糸のエリアよりも奥にあるのが繊細な作りのレースモチーフ。空気感のある立体刺繍のデザインやアンティーク風のリボンのようなデザインも。

白ベースだけでなく、カラフルなモチーフも。お花や蝶々が多いです。

トコマジュに陳列されたカラフルなレースモチーフ

このように袋に入って売られているので、店員に欲しい数を伝えましょう。このように外袋に書かれた価格はモチーフ1個の価格です(袋入りの価格じゃないのでご注意を…)

注意
折れジワが酷いもの、古くなって黄色っぽく焼けているものもあるため、必ず自分の目で見て選びましょう!

トコマジュにあるレースモチーフ

リボン

リボンは2ヶ所に分かれています。1階奥と2階です。チロリアンテープのようなリボンを探している場合は、タッセルやポンポンがぶら下がっているゾーンからさらに進んだ1階奥です。

極細~幅広のリボン、刺繍リボン、レースなどは2階にあります。タッセルのゾーンの横の階段を上がりましょう!

花型の刺繍リボン

トコマジュ内のカラフルなリボンリボン

一口に花型と言っても、同じ色でも様々な大きさや形があります。例えばブルー。絶対にお気に入りが見つかりますね!

トコマジュ内のお花のリボン

レースリボン

2階奥の壁際にはあらゆるレースリボンが集まっています。全部見るのに1日かかりそう…!

トコマジュ内のレースの棚

レースの種類も様々。花を模ったレースもあれば、ナチュラルテイストもあります。色は真っ白、オフホワイト、白ベースにパステルカラーを使用したものなど。

トコマジュ内のレースリボン

エスニック調リボン

階段上がって2階左側の壁面は、原色のエスニック調のリボンや、ポンポンリボン、フリンジリボンが並んでいます。

トコマジュ内のリボン

フリンジは1色、混色、エスニック調リボンにミニフリンジが付いたデザインなど種類が豊富。使いやすいゴールド、ホワイト、ブラックもあります。ポンポンが付いたリボンや大判の花柄刺繍のリボンも。

ちなみに、リボンを棚から出して机の上に並べても、店員さんが直してくれます。(下記の写真は買い物に迷走して出し過ぎました。)

トコマジュ内のリボン

ちょっとしたコツ
目的のものが見つからない場合は近くの店員さんにスマホの写真を見せて探してもらいましょう。但しここはインドネシア!適当な場合もあるので、同類の棚の場所を聞くのがベスト。

トコマジュをマスター!素材別場所のまとめ

  • ボタンは入り口すぐの壁際と中央の棚
  • タッセル・ファー・ポンポンは1階中央
  • チロリアンテープは1階奥、リボンは2階

目的のものは見つかりそうですか?

さとみ

この記事は随時更新していくのでお楽しみに♪