さとみのプロフィール

さとみ

はじめまして。「ジャカルタ駐在妻生活誌-Makashi話(バナシ)」を運営しているさとみと申します。

夫ぽこちゃんのジャカルタ赴任決定をきっかけに結婚し、ジャカルタへ行くことを決心。

2018年秋に赴任した夫の約1年後に、会社を辞めて駐在妻として2019年夏にジャカルタにやってきました。初めての海外生活!初めての2人暮らし!アラサーひよっこ駐在妻です。

ほんのちょっと自己紹介

ジャニオタ歴14年(ゆるめ)、友達大好き、週末はスポーツ、気が向いたら旅行!日本ではかなりアクティブに生活していました。

今はYoutube三昧(デフォルトはジャニーズ)、読書が趣味の夫ぽこちゃんの影響で、読書も楽しめるインドア寄りになってきています。

だから僕のアイコンは本を読んでるよ。

ぽこちゃん

高校生の時は「国際科」なる英語に特化した特別学級に通っていました。が!!10年経ってジャカルタに来て、自分の英語力に愕然。

さとみ

むむ…ギリギリ聞き取れ…ない。

英語は忘れる、インドネシア語もできないの状態…ジャカルタに来た当時は他人とのコミュニケーションをなるべく避けていました。

ぽこちゃんに「レセプションに聞いておいて」と頼まれた回答が聞き取れず、すごすごと部屋に戻る。何か言われても笑ってごまかす日々(これは今も)。

だから初めてスーパーで砂糖の場所を聞けた時の感動は今も忘れていません。

ということで語学力向上に勤しんでもらってます。

ぽこちゃん

ジャカルタ駐在妻生活誌-Makasih話について

ブログのタイトル「Makashi話」は「マカシバナシ」と読みます。

インドネシア語を勉強せずにジャカルタに来てしまった私は、いつも「まかしーまかしー」ばかり言っていました。「マカシーはTerimakasih(テリマカシ)、インドネシア語でありがとうを略した言い方です。

ブログ名はそこから取っています。

  • 最初に覚えたインドネシア語!
  • ありがとうの気持ちを常に忘れない!

そして、このブログを読んでくださった方が少しでも「情報ありがとねー!」と思って下さるような記事を書いていきたいなと思ったので、このブログ名にしています。

現在の「ジャカルタ駐在妻生活誌-Makasih話」では、

  • これから”駐在妻”として帯同予定の方
  • ジャカルタへ帯同予定の方
  • ジャカルタに引越してきたばかりの方

にお役にたてるように、ジャカルタ暮らしの中で見つけたあれこれを紹介しています。

また、ジャカルタ出張者の方向けのお土産記事もよく書いています。

私がジャカルタへ行く事を日本の友達に伝えた時、

ジャカルタどこそれ?

ジャマイカ?

インド?気を付けて行ってきて!

と、言われたことが多く

さとみ

私含めてジャカルタのってあまりイメージが湧かないし、知られてないんだなあ

と感じ、ジャカルタってこんなところだよ!ジャカルタで生活するならこれが便利かも!という情報を自分の目線で発信したいなあと思ったのがきっかけです。

このブログは移住当初から存在していたのですが、初めは余裕も無く放置していました。ゆるゆると更新を始めたのは2019年年末、余裕が出てきた2020年春からゆるゆると更新を続けています。

たまに自分用の日記として綴った記事もあります。自分がなる前は、駐在妻生活ってキラキラしているようにしか見えなかった。実際は、答えの見つからない自分探しの旅に出てしまった気持ちがずっと続いています。これから帯同予定の方におすすめの記事です。よければご覧ください。

新米駐在妻の悩みあるある?移住初期で辛かったこと

私にとって、ジャカルタは初めての海外生活、初めての駐在妻経験の場所。ジャカルタで生活してまだ1年経っていないひよっこ駐在妻です。諸先輩方のブログで情報を得たり、先にジャカルタに来ていた夫や友達が助けてくれて何とかやっています。

このブログは、

  1. 自分が困って解決した事
  2. 観光情報
  3. お土産ネタ

について綴っている記事が多いです。

トップページのカテゴリアイコンをクリックすると各カテゴリー別の記事に飛べますので、よければご覧ください。

食べ歩きの情報は…少ないかもしれません。ジャカルタでは移転・閉店が目まぐるしく、昨日あったカフェが翌日跡形もなく消えている…という事もあるので…。

個人的に、ジャカルタではzomatoというアプリやInstagramの方がグルメ情報が探しやすいかなと思っています。

それでも自分が美味しいと思ったグルメは、ゆくゆく記事をUPしていきたいと思っています。

さとみ

最後までお読みいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします!

プライバシーポリシーと免責事項

当ブログの運営者情報や免責事項はこちらからご確認ください。

当ブログで使用している写真は、基本的に私が撮影したものとInstagramの引用を使用しています。

写真と文章の著作権は放棄していませんので、コピー、加工、無断使用はご遠慮いただき、引用としてご使用ください(ブログURL添付、リンク先に飛べること)

よろしくお願いいたします。